地元あるき

今回は地元の散策をしてきました。車は使っていないので、動画はありません。

富士に越してきて5年経ちますが、まだ自分の行動範囲内のことしか知りません。
今住んでいる家は親の実家で、子供のころ遊びに来るとよく祖母を連れ出して商店街を駆け回ったものです。
当時ヤオハン(デパート)だったところが今はマンションになっているなど、当時の面影は少しずつ薄れて行っていますが、
それでも昔ながらのところが残っているのが、この街の良いところなのかな・・・。

残念ながら「シャッター商店街」と呼ばれる街になってしまいましたが、そんな街を少しでも活性化させようと街ぐるみで活動しています。
ヤオハンだったマンションの1階にはコミュニティFM放送局“Radio-f”があり、地元の情報を発信しています。
富士市に来た際は、ラジオの周波数を84.4MHzに合わせてみてください。地元の元気が伝わってきます!
・・・と言いつつ、私はK-MIXばかり聞いているのだけれど(苦笑)。

前回、「フォトログ開設記念」の記事でも近所の散策をしましたが、まだ撮り足りなかったところ、
そして「東海道五十三次・吉原本宿」としての、現代の吉原を少しだけ紹介します。
まだまだ地元を知り尽くしていないけれど、カメラと友達になったのを機に徐々に知っていこうかな(笑)

その他吉原商店街について詳しくは、公式ウェブサイトがありますのでそちらをご覧ください。
【吉原商店街-静岡県富士市吉原商店街振興組合】http://yoshiwara-shoutengai.com/

クリックで写真が拡大します。写真の下に一言コメントが表示されます。


Check   
«
»

トラックバック URL

コメント





コメント

『まちのえき』っていいね♪
ふらっと立ち寄りたくなる響きで

歩くと、普段見えないものが見えてくるのがいいよね
なんか、この写真たちを見てて、紹介できるくらい自分の地元知らないなぁ…って思った
それって寂しいことなのかも…(^^;)

>ayukaさん
うんうん。特に「消費税はサービスです」の貼り紙なんかは、そこを歩いていないと目に入らないし、古びたカーブミラーも注意してみていないと見落としちゃう感じ。

ayukaさんも、いちどのんびり地元を散歩してみるといいかも?